若返りの秘訣は肌!年齢肌に負けないアンチエイジング
若返りの秘訣は肌!年齢肌に負けないアンチエイジング

若返りの秘訣は肌!年齢肌に負けないアンチエイジング

若返りの目標は、肌の再生力を強化して達成するのが秘訣です。この方法を実践するために、遅すぎて間に合わないこともありませんから、アラフォーの人も年齢肌に負けないアンチエイジングを行うことができます。実際に行うべきことは多数ありますが、間接的であっても肌の再生力を高める方法を行うことが基本です。

老化は誰でも経験することですが、肌の若々しさには大きな個人差があるのが普通です。これは秘訣を知っているかどうかの違いでもあり、頑張れば若い人にも負けないような美貌を手に入れられることを意味しています。老化が次第に進行すると、肌の健康を支えている潤い成分が枯渇して、シワが徐々に目立つようになります。ところが、コラーゲンとビタミンCが豊富な食事をしている人は、実際の年齢よりも若々しくみえるものです。あるいは、角質層を構成するセラミドを食事やサプリからも摂取していると、アンチエイジングの充実度は総合的に高まります。

理想的な食事をしている人も、無防備な状態で外出する場合には、紫外線の影響を受けることが避けられません。紫外線によってメラニンが形成されると、やがては色素沈着の影響でシミが残ってしまうことがあります。この状態が著しくなると、シワの影響もあって年齢肌らしい見た目になってしまうわけです。こうした問題を改善するために、体の両側から対策することが欠かせません。内側からはビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化成分を摂取して、メラニンの色素沈着を抑制させます。外側の部分は日傘などを使って太陽光を遮断すれば、夏場であっても美肌を維持することは簡単です。さらに、ビタミンC誘導体などが含まれる美白クリームを利用するのも方法の一つです。

老化が進行すると、男女の区別を問わずに基礎代謝の低下が深刻になります。若い人は安静にしている状態であっても代謝が活発になりますから、普通の食事をしていれば極端に太ることはありません。ところが、アラフォーの年代に差し掛かると、食べる量が特別に多くない人でもポッコリお腹になることがあります。二の腕や顔の部分には余計な脂肪が蓄積する影響で、肌がたるんでしまうことも多くなります。

基礎代謝の低下を食い止めるためには、スポーツを生活習慣の中に組み込むことも有効です。スポーツタイプの自転車でサイクリングをすると、有効な有酸素運動の恩恵を受けるため、ポッコリお腹も大幅に改善していきます。余計な脂肪を燃料にして運動するわけですから、とても効率的で健康的となります。水泳も有酸素運動の一種で、サイクリングと同様に足腰への負担が少ないのが利点です。有効な有酸素運動にするために、サイクリングでは最低でも30分は続けることが大切です。できれば30km以上の距離を走れるようになれば、基礎代謝や心肺機能が向上し、筋肉質で若々しい肉体になります。

評判となっているダイエット法を試すことも、アンチエイジングを成功させるために試すことがおすすめです。酵素ダイエットを行う場合には、野菜のジュースやスムージーを使うことが人気です。毎朝の習慣として、新鮮な野菜ジュースを飲めば、その他の栄養も余すことなく摂取できます。置き換えダイエットはプチ断食の一種ですが、この方法でも酵素が豊富なジュースを飲めば老化にも対抗しやすくなります。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品を利用することは、腸活と呼ばれて注目されています。腸活をすると腸内の善玉菌が大幅に増えて、便秘や免疫力低下などの悩みに対処しやすくなるのが利点です。腸活には食物繊維も欠かせませんから、野菜が豊富な味噌汁を食事に添えたり、根菜の漬物を副菜として食べたりすることもおすすめです。ヨーグルトにはビタミンCや食物繊維が豊富なリンゴを入れることは一般的ですが、オリゴ糖も豊富な蜂蜜を加えると、アンチエイジングにとっても理想的な組み合わせになります。この方法を応用して、レーズンやマンゴーなどのドライフルーツをヨーグルトに混ぜて食べるのも健康的です。

肌の若々しさを復活させるために、ツボを使ったマッサージを行うことは、内臓の働きを補佐するためにも役立つ方法です。肝経に属する太衝というツボに刺激を与えて、体全体の美容を支えることも賢い方法です。あちこちが不調に感じられるときには、万能のツボとして有名な合谷を親指などで押して刺激してみてください。こうすることで、漢方で健康の要素となる気血水のバランスが良くなり、本来の自然治癒力も上昇しやすくなるわけです。

アラフォーの年代になってからは、ピラティスのエクササイズでアンチエイジングを行う人たちもいます。これはヨガと似ているものですが、ピラティスは近代的なメソッドの一つで、ストレッチなどの方法でアンチエイジングを目指す方法です。特別に激しい動きをするわけではありませんが、ダイエットも兼ねてピラティスを行うと、筋肉のインナーマッスルにも優しい刺激が伝わるため、脂肪も燃焼して肌の再生力が強化していきます。